« これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(1/3)
| トップページ | これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(3/3) »

2012年1月24日 (火)

これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(2/3)

_2_2 「それでは、引き受ける場合、運転手はどうやって選びますか?」間髪入れずに、この問いがきました。

・通常業務とする。断る権利を認める。万が一の場合の補償の仕組みを作り、コミットする。
・上位レイヤー(偉い人)の人から運転に出す
・希望ベース(ヤル気、モチベーション、、)
・運転のうまい人から選ぶ(スキルベース)

いろいろな答えが出ます。「希望」をとる、というやり方は、一種の踏み絵ではありませんか?というまたも突っ込み。
(個人的には、非常時において希望ベースは「踏み絵」になると思っています)

また、平等なやり方を選ぶ、という意見に対して、「平等」とは何か?「公平」とは何か?というさらなる突っ込み。
サイコロを振って、数学的確率論でいけば平等なのか?通常の業務シフトを適用して、順番に実行すれば平等なのか?年齢順?スキルが高い順?

フェアネスはどこに??

正解はありません。緊急時(有事)の意思決定は、「価値の判断」です。
どれが正しい、正しくないということではない。
どの選択肢を選んだとしても、死にもの狂いの抵抗にあう可能性もあります。

ちなみに会場の答えは、以下の三択に絞った問いに対して見事に3分の1ずつキレイに分かれました。どうやら、私たちグロービスの学生は健全な集団のようです。(ちなみに、役所系だと「本人の希望」支持が最大多数になるそうです)

・シフトベース(通常シフトの適用、順番、などのやり方)
・本人の希望
・プロファイルして指名(スキル、適性などから選抜する)

実際に冨山氏は、引き受けました。また、運転手選びは、シフトベースだったそうです。

また、そういう中で、非番の人がテレビでその状況を知り(携帯がなかなか繋がらない状況)、自分たちが何かできることはないかと駆けつけた社員たちも居たそうです。奥さんが妊婦の社員の方は、自分に被爆の可能性があるかもしれないため、除染が済み安全が確認されるまで帰らない判断をするなど、いろいろな人間ドラマもあったそうです。

そして、12日の午後からバスは走りました。

冨山氏からの次なる問いは、6週間後の原発による放射能の影響による、「屋内退避要請」が政府から出ている中、地域の経済活動を正常化させるための「バスの運行再開要請」を引き受けるか受けないかです。(3/3へ続く)

※写真は、冨山氏。

« これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(1/3)
| トップページ | これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(3/3) »

MBA学生日記」カテゴリの記事

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/43861868

この記事へのトラックバック一覧です: これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(2/3)
:

« これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(1/3)
| トップページ | これは、もはや白熱教室!?
リーダーに求められる有事の"しびれる意思決定"(3/3) »