« あらためて「キャズム超え」 | トップページ | マイケル・ポーターの「競争の戦略」
朝活読書会やり切りました! »

2011年12月 3日 (土)

わたしの「キャリア・アンカー」は?
自分が何者かと悩んだら

Photo グロービスの授業で紹介のあった「キャリアアンカー」
MITのエドガー・G・シャイン教授(組織開発=OD=オーガニゼーションディベロップメント、キャリア開発、組織文化の分野で、支援や補助を提供するさまざまな専門職の発展にも貢献)の研究に依って開発されました。

キャリアアンカーとは、一言でいうと、自分のキャリア、職業人生において最も拠り所となる考え方、価値観です。
アンカーとは「錨(いかり)」です、船が港から動いていってしまわないように固定するあの錨のことです。

キャリアアンカーは、以下の通り全部で8つあります。

● 専門・職能別コンピタンス
● 全般管理コンピタンス
● 自律・独立
● 保障・安定
● 起業家的創造性
● 奉仕・社会貢献
● 純粋な挑戦
● 生活様式

自分のキャリアアンカーとは何か?気になりますよね。

この本に40の問いがあり、それにこたえて集計する「自己分析」と「パートナーとの対話(対話用レシピあり)」から分析する2つの分析手法により、自分のキャリアアンカーを導き出します。

自己分析の結果、私は「奉仕・社会貢献」でした。
基本的にはアンカーは1つと言われています。その内容を読むと恐ろしいほど自分の価値観と合致していました。

どのような仕事のやり方を好み、報酬はどうあるべきか、昇進や承認・理解など他者からどのように見られたいのかも非常に自分の考え方・価値観に近かったです。

例えば、「正義や価値観に帰属しており、組織に対する忠誠心が薄い」など(笑)。ちなみに、私の口ぐせは、「会社に属しているというよりは、社会に属している」です。また、自分が認めた人に評価されたり、共感を得ることを重要と認識し喜びを感じるようです。(これも、本当に私そのものです。爆!)

自分の進路を考えたり、岐路に立ち意思決定をしなくてはいけないときなどに、自分を内省することができるためとても役に立ちそうです。

« あらためて「キャズム超え」 | トップページ | マイケル・ポーターの「競争の戦略」
朝活読書会やり切りました! »

MBA学生日記」カテゴリの記事

発見・気づき」カテゴリの記事

骨太読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/43233511

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの「キャリア・アンカー」は?
自分が何者かと悩んだら
:

« あらためて「キャズム超え」 | トップページ | マイケル・ポーターの「競争の戦略」
朝活読書会やり切りました! »