« WebSig1日学校で先生をやりました日記
~キャリアを考え抜く~
| トップページ | ロングセラーでベストセラー
小倉昌男「経営学」を読んでいます »

2011年9月24日 (土)

Web人賞受賞にあたり
感謝と決意

Photo_2この度は、「2011年弟9回Webクリエーションアウォード」において『Web人賞』を頂きまして、本当にどうもありがとうございました。

いい機会なので、ノミネートから受賞までの一連の流れで思い感じたことをまとめてみました。

まずは本当にうれしい!と思っています。

最初にノミネート頂いた時は、「え、私でいいんでしょうか?」と思ったのですが、暫くすると受賞を強く意識する様になりました。「欲しい」と思い始めたのです。予選を通過してweb人賞を是非取りたいと思うようになりました。

受賞したいと思った理由は、自分が今年出版した書籍「マンガでわかるWebマーケティング~Webマーケッター瞳の挑戦!~」の内容を、企業の経営層、webの仕事では無い普通の人達にお届けするとてもいい機会になると思えたからです。

本に書いたことは、「企業がwebマーケティングを経営戦略上どのように組織の中に位置づけて、何をさせるのかを見極めなることはとても重要なことだけど、現状なかなか出来ていない」、ということです。

でも、まだまだ企業の経営層の人達に、このメッセージは届いていません。
この事実は、Webのマーケティングに携わる現場の方々ほどよく知っている事実なのですが、なかなか上層部の方に正確に伝わりにくのが現実で、結局、いまだ大きな企業でもWebマーケティングの職種は属人的な組織人事になりがちです。

このたびの受賞によって、そういった人たちにも読んでくださいと堂々と言えるように、是非とも受賞したいと思っていました。こういう話ができるようになったことが、本当に有り難いです。

また、こうした受賞などを経験して思ったのはいかにこれまでたくさんの人の協力や応援があったか、を実感したということです。

出版社の編集の鈴木さんには本当にお世話になり、感謝しています。また、連載中のネットの漫画の方も、3年越しのメンバーで日々切磋琢磨をしていていつも感謝しています。それから、本や連載の執筆は、会社の仕事とは別に夜や休日に活動をしているため、常に暖かく見守っていてくれた(ている)夫に一番お礼を言いたいです。

そして、今後は、より企業の経営視点でのマーケティング、そしてWeb/ITの役割に着目し、企業経営に貢献し日本経済の発展に非力ながらもお手伝いしていければと考えています。

まずは、自分ができることをひとつひとやっていきたいと思っています。

※写真は2011年9月14日の贈賞式風景。会場は白金台の八芳園でした。(私はオレンジ色の服を着てます!)

« WebSig1日学校で先生をやりました日記
~キャリアを考え抜く~
| トップページ | ロングセラーでベストセラー
小倉昌男「経営学」を読んでいます »

MBA学生日記」カテゴリの記事

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/41980097

この記事へのトラックバック一覧です: Web人賞受賞にあたり
感謝と決意
:

« WebSig1日学校で先生をやりました日記
~キャリアを考え抜く~
| トップページ | ロングセラーでベストセラー
小倉昌男「経営学」を読んでいます »