« 「ストーリーとしての競争戦略」の
楠木教授の講演まとめ(前半)
| トップページ | 報告!
Web研とECナビさんでの講演振り返り(1/2) »

2011年7月 7日 (木)

「ストーリーとしての競争戦略」の
楠木教授の講演まとめ(後半)

N2 楠木教授のお話。後半です。

以下は、楠教授語録です。

・「塗り絵」と「絵をかくこと」は違う(担当業務と経営者の違い)
・たまに社長を担当業務としてやっている社長がいる。(面白い!)
・優れたコンセプトは見たまんまではない。
誰に嫌われるか。これを先に決める。(例えば、楠木教授はスターバックスが嫌い。理由はコーヒー飲むのに煙草を吸わせない姿勢。でも、ターゲティングはこれでよくて、スタバとしては間違っていない)
・価値中立的なことば
・普通の人間の本性を直視
・他社と違った良いことをやれ
・ストーリーの強さ
 例:マブチモーター
  モーターの標準化 ⇒ 大量生産 ⇒ コスト優位 ⇒ 持続的利益
・経営者がシナジーとか言い出しだらアウト。例:「相乗効果を梃子にして」など
・ワンフレーズの「必殺技」、「飛び道具」を社長が言い出しても要注意
 例:「やっぱりFacebookだ!」など
・自分がいちばん面白がっていることが、戦略の原点であり、頂点である。
・リーダーは話が面白いことが条件(プレゼンが上手いということとは別)

楠木教授が語る、ここ最近の気になる傾向

・「生き残りのために・・」と最近よく聞くが、生き残って何したいのかをハッキリして欲しい。
・「わが社もグローバル化を進め、新興国に進出せざるを得ない」自分で決めないでどうする。

最初、右脳系ときいてどんな展開になるんだろうと、正直構えてしまったのですが、結構面白かったです。
楠木教授は個人的には、本よりも実際にお話聞く方が私はよかったです。

※画像は、主催のNews2uロゴ。

※前半はコチラ

« 「ストーリーとしての競争戦略」の
楠木教授の講演まとめ(前半)
| トップページ | 報告!
Web研とECナビさんでの講演振り返り(1/2) »

MBA学生日記」カテゴリの記事

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/40707545

この記事へのトラックバック一覧です: 「ストーリーとしての競争戦略」の
楠木教授の講演まとめ(後半)
:

« 「ストーリーとしての競争戦略」の
楠木教授の講演まとめ(前半)
| トップページ | 報告!
Web研とECナビさんでの講演振り返り(1/2) »