« 「Webマーケッター瞳」Web研に登場!
この度のプロジェクトを報告します
| トップページ | MBA学生日記スタート! »

2010年7月10日 (土)

MBAの学生になってよかったと思ったこと

「自分の実現したいこと、考えている意図を記号化して伝えやすくなった」と実感してます。

元々私は、「企業経営」にとってのWebをライフライン化(=無くてはならない手段やツール)させることを目指していました。

この10年、それをいろんなカタチで提案してきました。
一部カタチになったものもあります。でも、まだまだ私が思っているレベルではありません。
例をアゲると、Web系の企業やその分野で仕事をしている人への微妙な無理解です。もっと悪い場合は、Web系のことはよくわからないので「とりあえず置いといて扱い(横に追いやるイメージ)」。そして、最悪なのは、「下にみる扱い」。ネットは汗水たらさず巧いことやりよる、みたいな目です。

理解されていないのなら、わかってもらう活動が必要だし、やるだけです。
いま実際、会社においては、完全にリアル事業が本業の事業部で、弊社の各店舗、加盟企業、仕入先企業、代理店向けのWebサイトの運用とリニューアルをやってます。日々関係各位に対して、Webの価値を定量可視化しているところです。

また、現在着手している「Webマーケッター瞳」の原案・監修をやらせて頂いた目的は、

  • 「Webマーケの啓蒙」
  • 「Webに携わる人の地位の向上と、憧れとしての対象化」
  • 「企業経営にとってのWebのインフラ化」

の実現です。

それなりに大きな目標だと思っています。今までより、より多くの方と対話していく必要があります。経営についての体系立てた知識、経験があればよりハイレイヤーの方とも自信を持って話せるようになります。私にとってそれを後押しするものが、MBA取得でした。

結果、今となっては、私がMBAの学生であることが、自分の夢の実現のために覚悟を決めていると、取って頂けるのでMBA学生になってよかった、と思っています。

« 「Webマーケッター瞳」Web研に登場!
この度のプロジェクトを報告します
| トップページ | MBA学生日記スタート! »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/35703482

この記事へのトラックバック一覧です: MBAの学生になってよかったと思ったこと:

« 「Webマーケッター瞳」Web研に登場!
この度のプロジェクトを報告します
| トップページ | MBA学生日記スタート! »