« サミット終了
パネルディスカッション予想通りの反響!
ネットは紙以来のパラダイムシフト
| トップページ | MBAの学生となりました
推薦状の御礼 »

2010年6月30日 (水)

今日の孫さんのプレゼンから
「日本の国際競争力を上げるパラダイムシフト」

本日のホテルオークラにおけるブロードバンド推進協議会の懇親会の、孫さんのご挨拶、というかプレゼン。孫さんの意思がコンパクトに凝縮されたサマリーのようなプレゼンで、いつもに増して明確なメッセージが印象的でした。

タイトルは「日本の国際競争力を上げるパラダイムシフト」です。

このタイトル、裏を返せば、日本が国際的に通用する競争力を付けるにはちょっとやそっとの方向転換では全く意味が無く、「パラダイムシフト(=その時代や分野において当然のことと考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが革命的にもしくは劇的に変化することby wiki)」レベルじゃないと競争力が付かない、ことをメッセージとして持ってると思います。

いくつかの例として、今日は韓国の例をあげてました。

サムソンの営業利益は、日本の大手有名メーカー8社分の営業利益の合計値を超えていること。
これは凄まじいことです。日本の名だたるメーカー8社が束になってかかっても叶わないほど、サムソンはこの10年で成長していたのです。

その背景には、韓国がビジネス実践力を付けるための努力をしていたこともあります。
例えば、TOEIC。サムソンは新卒採用の条件が、TOEIC900点だそうです。ちなみにソニーの役員(幹部?)の条件は650点以上。「なんと、ソニーの役員全員がサムソンに入社できないということになります」とは、孫さんのシュールなシャレ、ということで。
ついでに日本の英語教育への意見。「発音記号なんて習ったけれど、大人になってから全く必要がなかった!しかも、当時それがテストの問題に入っていたなど無駄にも程がある」、と。全く同感ですね!

また、日本の税金について。「高い法人税率によって、日本から優良企業がいなくなる」これももっともです。
私も起業経験があるので、「自分は国に税金を納めるために会社をやっているみたいだ、、」と常々日本の高い法人税率を恨めしく思っていました。起業するなら税率の安い海外で、は今や私の周囲で常識的な感覚となってきています。

それと、国民的人材流動性の重要性。これは、グロービスの堀学長も訴えています。私自身も複数の会社での仕事を重ねてきたので、日本の会社の人材流動性の低さが招く企業の低成長性、停滞性、パラサイト化を体感しています、

日本も大きく変わらないといけません。個人も変わらないといけません。
私も今、個人としてのパラダイムシフトを起こすためチャレンジしていることがあります。
孫さんのメッセージは企業人を超えていて、革命家の言葉のようかと思います。

« サミット終了
パネルディスカッション予想通りの反響!
ネットは紙以来のパラダイムシフト
| トップページ | MBAの学生となりました
推薦状の御礼 »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/35592983

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の孫さんのプレゼンから
「日本の国際競争力を上げるパラダイムシフト」
:

« サミット終了
パネルディスカッション予想通りの反響!
ネットは紙以来のパラダイムシフト
| トップページ | MBAの学生となりました
推薦状の御礼 »