« twitterを企業のマーケティングに活用できるか? | トップページ | 映画「キューティーハニー」
サトエリしかあり得ない! »

2009年10月14日 (水)

Webアナリスト養成講座
第6章「直帰率」大丈夫ですか?

いまさら何を、、、、と言われそうですが、「直帰率」の定義は以下のどちらでしょうか?

  • 1ページのみの閲覧でサイトを退出した訪問数の全体訪問数に占める比率

  • サイトの滞在時間が10秒ないし5秒以内の訪問数の全体訪問数に占める比率(最近では10秒以内が妥当であると言われている)

ある意味、どちらも「決め」の問題なのでどう定義するかです。

が、どちらの精度が優れているでしょう?

それは、後者です。ただ、解析ツールによってはベンダーの力を借りないと実現が難しい場合もあるので、すぐさま実行というわけにはいきませんが。

いずれにせよ、この本にはその理由が詳細に書かれています。

Title_3さしあたり、現在自分のかかわっているキャンペーンページの直帰率を出さなくては、と思っている次第です。

出前館Tポイント山分けキャンペーンです。(左)

ズバリ、宣伝ですが「出前館」はネットを利用する人との親和性が非常に高いビジネスモデルだと確信しています。まだ使ったことの無い方は、是非とも使ってみてください。100万ポイントを注文数に応じて確実に配分してもらえます。

« twitterを企業のマーケティングに活用できるか? | トップページ | 映画「キューティーハニー」
サトエリしかあり得ない! »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/31787541

この記事へのトラックバック一覧です: Webアナリスト養成講座
第6章「直帰率」大丈夫ですか?
:

« twitterを企業のマーケティングに活用できるか? | トップページ | 映画「キューティーハニー」
サトエリしかあり得ない! »