« 予期せぬことを重視しなければならない
ドラッカー365の金言より
| トップページ | Webアナリスト養成講座
第2章読んでます »

2009年9月 2日 (水)

Webアナリスト養成講座
読み始めます

Web_2「Webアナリスト養成講座」訳者の内藤さんより献本頂きました。(著者は、Googleエバンジェリストアビナッシュ・コーシック、衣袋宏美さん監訳、内藤貴志さん訳)どうもありがとうございます。

当初は、かなりテクニックよりの話では?だとしたら私に書評は無理かな、と思ったのですが、本書のターゲットに「CEO/経営陣」「営業マン」「Webビジネスの責任者」「マーケッター」と書いてあったので俄然興味がアップし読み始めたところです。

やっと第1章「WebAnalyticsの現在と未来」終了です。(あと、470ページほどあります。凄いボリューム!)

なるほど、考え方から入るわけですね。WHAT(だから何?)、WHY(それはなぜ?)というクリティカルシンキングの考え方と、「分析のための分析をやってはならない」というビジネス定量分析の志向のこの2つが合わさったアプローチですか。ビジネスでサイトを捉えている人にとってはとっつきやすいのではないかと思います。少なくとも私はすんなり入れました。

ただ、本当に経営者、例えばうちの社長などにこの本をそのまま渡して読み解いて理解してもらうのはかなり難儀ではないかと思いました。サーバーログ、ビーコン、JavaScriptタグ、パケットキャプチャといわれても無理。まだ読み始めて間もないですが、この本を本当に経営者だけにターゲット絞ってかいてみるのも一つアリかと思いました。(相当大変でしょうが。。)

続きはまた。第2章のテーマは「データ収集~重要性と選択肢~」です。

« 予期せぬことを重視しなければならない
ドラッカー365の金言より
| トップページ | Webアナリスト養成講座
第2章読んでます »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

骨太読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/31200254

この記事へのトラックバック一覧です: Webアナリスト養成講座
読み始めます
:

« 予期せぬことを重視しなければならない
ドラッカー365の金言より
| トップページ | Webアナリスト養成講座
第2章読んでます »