« Webアナリスト養成講座
第3章終わり4章へ
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい »

2009年9月 6日 (日)

VIVO
これはスゴい、最強の水?

Vivo 3日ほど前、うちの旦那さまが1本500円(500MLペットボトル)もする水を2本買ってきました。「VIVO」という水で、小泉今日子など有名人が愛飲していて今一番話題の水、らしいです。

飲んでみました。めちゃくちゃ美味しいです。ものすごく柔らかい。まろやか。まったくクセがない。

ですが、1本約500円とは水として相当高いと思います。例えば、ボルビック。同じ500MLのペットボトルで130円です。ボルビックの3.9倍の価値があるのでしょうか。

いろいろ気になって公式サイトで調べてみました。

------------ 以下、抜粋

ナノクラスター水VIVOは、加齢によって減少していく体内の水と同じ100%自由水。ナノ(10億分の1)レベルから細胞への水分補給を高めることにより、体内をみずみずしく健康的に若返らせる“機能する水”美容に、健康に、そしてアンチエイジングに最適な究極の機能水です。

------------ ここまで

なんか、わかったようなわからなかったような。。。

美味しいのは自分で飲んで本当に実感したからいいのですが、「自由水」ってなに?「機能する水」の機能とは実際に何をしてくれるの?普通の水と比べてどう違うのか?ということがよくわからないのです。

というわけなので、そういうときは、佐藤先生のBASiCSで整理をしてみます。

  • B(Battlefield 戦場) = ミネラルウォーター市場

  • A(Asset 資産) = 伊豆天城山の銘水と言われる源流水に特殊処理を施している。硬度0。美しい星形をした10億分の1の超微細な最小の水のクラスターだけで創り上げられており、その大きさと形状から私達の身体に水分を、他のどんな水よりも迅速 に、より正確にそして完全に補給し、体内でしっかりと働く。一本で普通の飲料水の5倍以上の水分を瞬時に補給することができる。

  • S(Strengths 強み) = 機能性、安全性、美味しさから飲料水部門第一位の栄誉。また、「地球上に存在する最高の水」と世界の水の科学者達から絶賛されている。

  • C(Customer 顧客) = 健康や美容に対する意識が強く金銭的にも余裕のある人

  • S(Selling Message 売り文句) = 究極の美と健康を追及するあなたへ

ざっと以上ですが、なかなか難しいですね。500円であることの妥当性がこれだけだとよくわかりませんね。どうしても、「それにしても高いな」という印象があります。

妥当な価格設定というのはマーケティングの意思決定の中でも非常に難しい課題のひとつです。原価、販促管理費、ユーザーの水の購入に関する調査結果などがあればもっとじっくりとこの500円の妥当性の追究ができるんですけどね。

過去にグロービスのマーケティングクラスで、とあるB2B商品の価格設定の妥当性を検証し新たに適正価格を設定するというケースがありましたが、こういった身近な商品もケースにしたら面白いのではないでしょうか~~。作ってもらえないかなw

« Webアナリスト養成講座
第3章終わり4章へ
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

美味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/31251313

この記事へのトラックバック一覧です: VIVO
これはスゴい、最強の水?
:

« Webアナリスト養成講座
第3章終わり4章へ
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい »