« 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第二弾:エンドユーザーやターゲットが見えない »

2009年9月 9日 (水)

組織は人を変える(良くも悪くも変える)
ドラッカー365の金言より

今日のドラッカーは9月7日の金言から。

先に抜粋。

------------------------------

組織は人を変える。否応なしに変える。成長させたり、逆にいじけさせたりする。
人を育てることについて、我々は何を知っているか。かなりのことを知っている。特に何を行うべきでないかについてよく知っている。行うべきでないことのほうが、行うべきことよりもわかりやすい。

  • 第一に不得意なことで何かを行わせてはならない。

  • 第二に近視眼的に育ててはならない。

  • 第三にエリート扱いしてはならない。

人材の育成にあたっては強みに焦点を合わせなければならない。そのうえで要求を厳しくしなければならない。そして時間をかけて丁寧に評価しなければならない。向かい合って約束はこうだった、この1年どうだったか、何をうまくやれたか、と聞かなければならない。

------------------------------抜粋ここまで

一体どれほどの組織、人事、上司がこういう視点で部下と向き合っているだろう。最近、ドラッカーを読めば読むほど現実とのGAPにがっかりします。

自分も偉そうなことは言えないですが、少なくとも第二の「近視眼的に育ててはならない」は実行していたと言えます。口グセのように「強みを自覚しろ、強みを伸ばせ」とやってました。自分の強みを発見するツールも紹介して、メンバー同士で自分の強みを教えあい、誰と誰が補完関係にあるだろうなど話し合ったりしたことを思い出します。

あと、第一は組織の都合で、得意・不得意に関わらずやってもらわないといけないことがあるので、現実として実施するのは難しいかと思います。人事制度の仕組みとして取り入れることが必要ですね。

« 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第二弾:エンドユーザーやターゲットが見えない »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

骨太読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/31298239

この記事へのトラックバック一覧です: 組織は人を変える(良くも悪くも変える)
ドラッカー365の金言より
:

« 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第一弾:瞳の肩書きのここがおかしい
| トップページ | 「マーケッター瞳」質問・疑問に対して
第二弾:エンドユーザーやターゲットが見えない »