« 映画のブログといえば
おすぎ?
| トップページ | 「GyaO」経営権、ヤフーに売却 »

2009年4月 8日 (水)

「ドリルを売るなら穴を売れ」読了
顧客のココロを読め!

会社で何パターンもある指標を、あーでもない、こーでもないとexcelでいじくり回してわかった気になっているかもしれないが「売り」に繋がらなければ全く意味が無いワケであって、、、のような、基本的な話がしつこく何度も刷り込むように登場します。(いい意味で言っています)

4Pなどのフレームワークや斬り口の考え方などは勿論、知識としてあるにこしたことは無いが、それを本当に使って結果に繋げなければ、ムダであることも繰り返し登場します。

さらには、顧客のココロの中にあるマーケティングに入り込まなければならないこと、要は、相手の気持ちを本気で真剣に考えることが絶対に必要であることも繰り返されてます。

この本は、ある意味、マーケティング哲学、理念の洗脳本ですね。(これもいい意味で言っています)

こんなにも平易でわかりやすいマーケティング本は初めてです。むしろ、ここまでわかりやすく具体的に書かれた佐藤先生って凄いと思いました。

« 映画のブログといえば
おすぎ?
| トップページ | 「GyaO」経営権、ヤフーに売却 »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

骨太読書メモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/29029330

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドリルを売るなら穴を売れ」読了
顧客のココロを読め!
:

« 映画のブログといえば
おすぎ?
| トップページ | 「GyaO」経営権、ヤフーに売却 »