« アクセス解析時に自社、自分からのアクセスを除外すること | トップページ | 「戦略プロフェッショナル」読了! »

2009年2月23日 (月)

ヒトラー「わが闘争」読書開始!

Photo_2ご存知、ヒトラーの「わが闘争」。これだけ有名な本ですが、気になりつつもなかなか読むに至りませんでした。

しかし、訳者前書きの以下の一節を目にしたとき、これは今読まなければと思いこの長編に挑戦することにしました。

「かつて戦時中、日本では英雄ともてはやされ、戦後は一転して凶悪な犯罪者として扱われたヒトラーについて我々はどれほどのことを知っているのだろうか。とりわけ、その思想一般、思想形成の過程についてどれほどのことを知っているのだろうか」

「しかし、ここにただひとつだけ注意して欲しいことがある。それは、ヒトラーの論理:極端な国家主義、なかんずくプロイセン(ドイツ的軍国主義)という大前提に支えられた、単純でしかもしばしば飛躍はあるが大衆説得力をもつ論理を見抜いて欲しいことである。特に、マルクシズム=西欧的議会制民主政治=ユダヤ主義と考える場合のヒトラーの大衆の心に火をつけるような扇動的言辞の中の論理の飛躍に注目してもらいたい。」

ちょうど今はグロービスのクリティカルシンキングのカタライザーをやっていることもあり、「論理の飛躍」などはクリシン的には「ダメな例」としてしばしば用いられるのでそういう視点でも気になります。クリシンの目線「それはなぜそうと言い切れるのか」ということを探る目的でこの本を読むのも面白いアプローチだと思います。

« アクセス解析時に自社、自分からのアクセスを除外すること | トップページ | 「戦略プロフェッショナル」読了! »

骨太読書メモ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒトラー「わが闘争」読書開始!:

« アクセス解析時に自社、自分からのアクセスを除外すること | トップページ | 「戦略プロフェッショナル」読了! »