« 「CanCam」は強いね | トップページ | DeNAが中高年向けSNSに進出する »

2008年3月20日 (木)

モバゲーのキッズフィルタリング対策は必死だ

もはや早速いまいち感があるディズニー携帯ですが私は違う視点で感慨深い。というのも、6年前にMVNO先進の欧州に視察出張にいったときは、MVNOって何?が日本の実状でした。それが一般消費者向け商材に使われるとは、、、、こういうのをマーケットが変わったことを実感した、というんでしょうね。

  • ゲオは、4月12日から全700店舗でBDを一斉導入、ツタヤは今夏までに全1300店舗で導入の予定。大手2社の導入でBDの普及にも弾みがつきそう。同様の記事は、日経本紙、日経MJ、電波新聞、讀賣新聞ほぼ同時期に展開。影響力の大きさが垣間見れる。
  • モバゲータウン内に新ページ「スポーツ観戦」を開設。スポーツデータ解析の「データスタジウム」と「毎日新聞」からの情報提供を得る。実際の試合から3分~6分遅れでの配信。20代以上ユーザーの拡充を図る。
  • 比較.comの「まとみ」。日常的によく使う、検索エンジン、メーラー、ニュース、ブログの更新情報を集約して表示可能。メールはGメールとヤフーメールに対応。>>>これ、案外使えそう。http://matomi.jp/ 比較.comのメディアクリエイション部のナヌ・アレキシ氏がやっているらしい。
  • ネット広告仲介新興企業の電博系列化が進む。電通に勝つつもりでやってきたオプトの今月4日に電通のtobを受ける。大手広告主がテレビ、ネットと一貫した広告手法(クロスメディア)を求めていることが大きな要因。実際はネットに素人である大手広告代理店にとってはネット広告専業営業部隊が大きな戦力。
  • 鳴り物入りで市場参入したディズニー携帯も、元来のディズニファンを取り込んでしまった後はいっきに失速。ターゲットである20代~30代の女性にとって7万~8万の端末価格は高い。>>どう考えても高いと思うけど。。。

« 「CanCam」は強いね | トップページ | DeNAが中高年向けSNSに進出する »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「CanCam」は強いね | トップページ | DeNAが中高年向けSNSに進出する »