« KPIの策定 | トップページ | モバゲーのキッズフィルタリング対策は必死だ »

2008年3月17日 (月)

「CanCam」は強いね

私たち(マルチメディアという表現の時代からやってる人たち)からみれば、今さら感があるが「@コスメ」の紹介記事が「消費者目線で存在感」「化粧品口コミサイト人気」といった見出しで3月17日(月)の日経産業新聞に掲載されていた。前職のネットイヤーの頃には吉松社長にお会いしたこともあるけど、もはや向こうは私のことなどおぼえてないだろーなー。

で、今日気になったのは以下。

  • 「CanCam」とスタイライフが連携し通販サイト始める。ネット販売上の売上の5%から9%程度を小学館に手数料として支払う。
  • 電通とオプト、これまで開拓が遅れていた地方の広告事業の掘り起こし目的で、地方の飲食店や宿泊施設情報を地方局携帯サイトに配信。ワンセグとも連動。

« KPIの策定 | トップページ | モバゲーのキッズフィルタリング対策は必死だ »

マーケティング・経営」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/431686/11448175

この記事へのトラックバック一覧です: 「CanCam」は強いね:

« KPIの策定 | トップページ | モバゲーのキッズフィルタリング対策は必死だ »